人気ブログランキング |

写真好き・旅好き・歴史好きが奏でる遊騒曲第5弾


by doukyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ぐるっとパスNo.10 東京都美術館と東博まで見たこと

上野エリアのスタンプがないので自転車でGO!
f0211178_2349345.jpg
     平和島の公園を通過。自然はいいなあ
f0211178_2350253.jpg
     早くも歌舞伎座である。後部のビルもそうなのだ
f0211178_23501183.jpg
     銀座の金券ショップでエジプト展が500円引きで買えた
f0211178_23503226.jpg
     いつも歩いて降りてる上野駅の坂を初めて上がる
f0211178_23503765.jpg
     公園口の横断歩道だ
f0211178_23504229.jpg
     東京都美術館にとうちゃこ
f0211178_2350475.jpg
     ちょっと遅い1時間23分だ
f0211178_23505278.jpg
     23キロの片道
f0211178_23505789.jpg
     最高時速は34キロだった
f0211178_2351127.jpg
     自画像である
f0211178_2351764.jpg
     ダウン症の学校の子供たちの絵だったが抽象絵画と変わらんと思うなあ
f0211178_23511278.jpg
     上の窓から撮影したら係員に怒られた。そんなにダメかねえ
f0211178_23511794.jpg
     無料の書道会。普通の人たちの腕前らしいが
f0211178_23512249.jpg
     賞をとった人たちとの差が分からない
f0211178_23512722.jpg
     東博へ。幕末の有名人の書があるぞ。運慶の大日如来?もあるらしい
f0211178_23513211.jpg
     春日権現験記絵の写本がある。その説明
f0211178_23513756.jpg
     描いたのは幕末の絵師・冷泉為恭じゃないか!
f0211178_23514273.jpg
     この火の玉が飛行するシーンが印象的だ
f0211178_23514783.jpg
     オリジナルが見たくて公家の屋敷に出入りして幕府方と勘違いされ暗殺されたんだ
f0211178_23515254.jpg
     だから「命がけの模写本」ということで彼の命が消える前のあだ華のような冬景色だ
f0211178_23515749.jpg
     近藤局長の書でござる。頼山陽の書を手本にして毎日練習していたとか     
f0211178_2352281.jpg
     ちょうど近くに「襄(のぼる)さん」(山陽)の書があった。比べてみようぜ     
f0211178_2352789.jpg
     奇想の画家・蘇我蕭白の絵もあった。実にユニークじゃなあ     
f0211178_23521238.jpg
     あったぞ、法隆寺百万塔だ
f0211178_23522122.jpg
     これ、今年知人から入手した「我が百万塔」
f0211178_23522796.jpg
     陀羅尼経は模造というか、これでは小さいのだ     
f0211178_23523386.jpg
     どこかで、と思ったら薬師寺の模造の像であった
f0211178_23523914.jpg
     私が描いた埴輪のモデルが展示されていた
f0211178_23524547.jpg
     国宝「武装男子像」と同じ太田市の出土だ
f0211178_23525095.jpg
     中国のJ君に上げた絵。写真はこちらが正しいのだ     
f0211178_23525688.jpg
     これが出発時間になる
f0211178_23531092.jpg
     宝町あたりだったかな?     
f0211178_23531678.jpg
     慶喜らが関西から逃亡上陸した浜離宮が左の森
f0211178_23532126.jpg
     ここって品川区と大田区の区境なのかな。塗装が違う
f0211178_23532795.jpg
     やったあ!復路1時間12分の最短とうちゃこより1分破ったぜえ
f0211178_23533379.jpg
     やっぱり往復46キロだなあ
f0211178_23533945.jpg
     浜離宮の横の直線通りが最速36キロの秘密です
by doukyou | 2014-08-16 23:54 | 博物館・美術館 | Comments(0)