写真好き・旅好き・歴史好きが奏でる遊騒曲第5弾


by doukyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ぐるっとパスNo.13・14 芭蕉記念館と江戸東京博まで見たこと

さあ深川まで自転車だ
f0211178_16400694.jpg
     広い海岸通を行きまっせ。二度クリック拡大
f0211178_16401796.jpg
     旧水産大学いま海洋大学の雲鷹丸と右端に東京タワー
f0211178_16402604.jpg
     珍しく新幹線が上に見える。めったにないよ
f0211178_16403636.jpg
     浜離宮横の直線コース、品川駅前を通らなきゃここが最速の場所
f0211178_16404514.jpg
     最近できた築地の新しい橋。豊洲なんかきたねえから行くな
f0211178_16405798.jpg
     戦前の幻の東京五輪記念に造った勝鬨(かちどき)橋
f0211178_16410696.jpg
     ここまで54分
f0211178_16411441.jpg
     18km
f0211178_16412201.jpg
     ここがバンザイする場所。次の五輪で数回上げてほしいよ
f0211178_16413071.jpg
     橋を渡り切る直前にスカイツリーが見える秘密の場所
f0211178_16413895.jpg
     母がとうとう見られなかった月島の商店街、嗚呼
f0211178_16420143.jpg
     旧商船大学いま海洋大学の明治丸、ここも母との思い出の場所
f0211178_16421580.jpg
     清澄庭園の前に見事な桜が。メジロがさっと逃げてった
f0211178_16422617.jpg
     少し走ったら大鵬関の寄進の石碑発見
f0211178_16424321.jpg
     万年橋から清洲橋が見える
f0211178_16425570.jpg
     芭蕉記念館にとうちゃこ
f0211178_16431141.jpg
     1時間15分は意外に早かった
f0211178_16432651.jpg
     24kmだった
f0211178_16433869.jpg
     最速は35kmたぶん浜離宮横
f0211178_16435210.jpg
     スタンプが満願に
f0211178_16440697.jpg
     其角というのはオモロイ弟子じゃったのう。古池はいけすだったって説もあるらしい
f0211178_16442080.jpg
     時間があるので大きなゲタの江戸東京博物館へ
f0211178_16443478.jpg
     江戸城の天守は復元してほしいなあ
f0211178_16444548.jpg
     ペリー上陸図、本当は20隻以上で来る予定だったとか
f0211178_16450052.jpg
     松の廊下が安価で再現されていた。松がたくさん描かれていたらしい
f0211178_16451311.jpg
     ついでに近くの松坂町公園へ。吉良邸跡だ
f0211178_16452731.jpg
     吉良義央(以前はよしなか、最近はよしひさと呼ぶ)公の木像も置かれてござる
f0211178_16453949.jpg
     浅野内匠頭がすぐキレる人物だったという考え方も増えている証拠か?
f0211178_16455034.jpg
     壁のコーナーは来るたびに変化、これは吉良側にも良いきざし?
f0211178_16460288.jpg
     映画でもお馴染みの帰るシーン。目付けか何かの黒川弥太郎を思い出す
f0211178_16461475.jpg
     さて拙者も清洲橋から帰国の途じゃ
f0211178_16462587.jpg
     行きに通った浜離宮の横
f0211178_16463641.jpg
     レインボーブリッジのそばを久しぶりに通過
f0211178_16464637.jpg
     東海道を走るのじゃ
f0211178_16465888.jpg
     スタンプも満タンになったぞ
f0211178_16472008.jpg
     往復2時間44分。其角の良い企画展じゃったわ
f0211178_16473267.jpg
     全行程53km、皇帝マンジャイ
f0211178_16474371.jpg
     最速39kmに変わっていた。ガイドブックも中はカラーに




[PR]
by doukyou | 2017-04-18 16:58 | 博物館・美術館 | Comments(0)